Circo-チルコ- カスタム日記

 ブライス・カスタムやその他、制作中の物を中心に・・・また、その日の気分で日常の事も載せていきますわ。

プロフィール

ひで

Author:ひで
まいどです!ゆっくりしていってくださいな。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

海の男っ!

 まいどですっ!田舎の和歌山県 太地町は古式捕鯨発祥の地なんですよね。

IMG_0143_convert_20091004215153.jpg

 世界で一番と言っても過言ではない「太地町立 くじらの博物館」です。

 中には貴重な文献や標本など1000点ほど展示され、捕鯨に関する資料が
揃っています。
 昨今、捕鯨に対して一部の国からひどい事を言われていますが・・・
一方的に自分の価値観を押し付けて批判をするって、物事の中心が自分達の文化?
もうすこし双方の理解が深まればなぁ~~と思いますわ。

 まぁ、でもクジラもイルカも好きなので少々、複雑な気もします。

 まぁ、そこらはそれぞれのお考えがあるかと思いますので^^;、早速、館内に♪。
ここも、子どもの頃からほとんど変わってないなぁ~~。


IMG_0144_convert_20091004215243.jpg

 セミクジラの実物大の模型です。でかすぎて・・・収まりません。



IMG_0150_convert_20091004215730.jpg

 太地での捕鯨は1600年頃から始まったそうです。
この巨漢にモリ1本で立ち向かってますっ!!(実際は何隻もいますが・・・)。


 そう、この男も・・・・・
IMG_0148_convert_20091004215640.jpg

�����_�E�u�����g�E�E�B���f�B�[:「セミクジラっ!穫ったどっ~~~~~~っ!」

 さすが、海の男っ!。



IMG_0147_convert_20091004215547.jpg

�����_�E�u�����g�E�E�B���f�B�[:「うりゃぁ~~~~~~~」

                         捕鯨は文化やと思います。


FC2  Blog Ranking←いつも見て頂いてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
「俺、参上!」とポッチっとお願いします。

 また、こっそりご覧頂いてる方にも感謝してますよ♪。
こっそりコメント&拍手コメントも楽しませてもらってますよ。
 こっそりコメントお返事できなくてすいません^^;。
気軽にコメ入れてもうてもええんですよ~~~~。

にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
↑ブログ村にも参加しています。カテゴリ変わりましたねっ!。
 こちらの方も、「これで、決まりだっ!」 とポチッとお願いします^^;。



IMG_0145_convert_20091004215346.jpg

 ザトウクジラのヒゲ(本物)です。
この巨体でご飯はオキアミ(小さいエビです)なんですよね。
このヒゲを使ってこして食べてます。

 たまに魚も入る事も・・・・。



IMG_0146_convert_20091004215452.jpg

 いや、カエルが入る事も・・・無いってばっ!。
って、何しとるねんっ!。



IMG_0159_convert_20091005015740.jpg

 くじら館を出たらすぐにイルカショーがやってましたね。
まぁ、白浜のショーアップされた演出ではなく、昔ながらのほのぼのした
ショーです♪。
 なんか、改めて一眼買ってよかったっ!と実感できるショットです。
ただ、スポーツモードにするだけでこの瞬間が素人にも撮れます^^;。


IMG_0156_convert_20091005015645.jpg

 くじら館の湾内です。
自然の地形を利用してシャチや小型のくじらが回遊してます。


IMG_0166_convert_20091005015827.jpg

 シャチですっ!実際は怖いですよ~~~~~~。
群れで連携して獲物を襲います。でも、好きなんですよねぇ~~~~~。
この子は4mほどで小さい方です。


 IMG_0168_convert_20091005015919.jpg

 ハナゴンドウっ!愛嬌たっぷりです♪。
以前は無かったのですが、この湾内に透明のシーカヤックに乗って直接、
ハナゴンドウに餌をあげられるんですよね。
 ちょっとびっくりっ!今回は乗るのを止めましたけど・・・乗ってみたいっ!。

 そこで・・・ワンダを泳がせたら・・・なんて、アホな事が頭をよぎります。


comment

#いいなー☆
クジラもイルカもシャチも大好きです。
シャチは獰猛な海のギャングでしたっけ?
でもでも大好きです。
海の男さん 幸せそうに抱きついてますね^^

大きなクジラを見たらピノキオとゼッペット爺さんを思い出しました。
クジラのお腹でランプ(ランタン)焚いて生活してるの見て
クジラのことを心配した幼い日のこと思い出しました^^

一眼レフ、マニュアル覚えるともっと楽しいですよ♪
ハナゴンドウちゃん ナイスショット☆
  • by:citrine★
  •  | 2009/10/05/03:31:29
  •  | URL
  •  | Edit
#承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • by:
  •  | 2009/10/05/10:21:21
  •  | 
  •  | Edit
#管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • by:
  •  | 2009/10/05/11:02:18
  •  | 
  •  | Edit
#いいんですかあ~~~
ご実家へぶらり旅へ行ってらしたんですね。
故郷っていいですね。秋の帰郷もいいわあ。
ん~~~、捕まえたというより張り付いて入る様な。
しかしワンダはどこでも連れて行きやすいし、どんなシーンにもマッチしてよいですね。ブラ子はやはり頭でかいから忍ばせてさっと出してパチリといかないですわ。ワンダは毛もないし、気にしなくてよいです。オーナーになってよくわかりました。
今週末の光る透明オバケちゃんに応募されます?
  • by:ミカヱルル
  •  | 2009/10/05/13:12:40
  •  | URL
  •  | Edit
#そうでしたか
太地町ですか。
昔、「勇魚」を読んでから憧れの町ですよ。
いいところにつながりがあるんですね。
鈴鹿なんかに行ってたら呪ってやるか
と思ってましたが。(笑)

ハナゴンドウちゃん可愛いっ。
海の中のヤギとか羊って感じですね。
でも、鯨食べた~い。
給食で鯨の立田揚げをさんざ食べた世代です。
鯨さんのおかげで大きく育ちました。
  • by:でこ
  •  | 2009/10/05/15:06:04
  •  | URL
  •  | Edit
#白鯨を思い出しますね^^
  citrine★  さん
 まいどっ!そうなんですっ、シャチは実は獰猛なんですよね。
って、そんな雰囲気ないですけど連携して狩りをするそうですよ。
でも、好きですけどね~~~。

 海の男・・・全く活躍の場面が無かったので・・・ここ一番
頑張ってもらってます♪。まぁ・・・寄生してるようにしか
見えないんですけど^^;。

 そうそう、ピノキオってクジラのお腹で生活してたんです
よねぇ~~~その話を読んで、このセミクジラの模型を
眺めてましたねぇ~~~って、30年以上前から吊り下げら
てるんですよね。
 一眼、楽しいですねぇ~~~まず、撮れる事自体に感動
してるので、これからですねぇ~~また、教えてくださいね。

 ハナゴンドウ・・・グッジョブっ!すっ!。
「なんかくれるの?」的な表情が♪。
#普通にやってます。
  ミカヱルル さん
 まいどですっ!実は実家とちゃうんですよねぇ~~^^;。
本籍は和歌山になってるんですけど、もう誰も住んでいないし
親戚も亡くなったりと・・お墓が残ってるだけなんですわ。
 それでも、落ち着くのでぶらっと行っちゃいますね。

 ワンダって、有り難いでしょ~~~かなり遊べます♪。
もう、何処でも連れて行けますよ。
 ブライスは大変です~~~一眼になって特に^^;。
でも、気にせずやってますけどねぇ~。

 光るお化けワンダっ!もちろんいきますよ♪。
口がファスナーなのが・・・?ですけど。
#鈴鹿も・・・
  でこ さん
 まいどですっ!「勇魚」知ってるんですが、読んだ事ないん
ですよねぇ~~確かC・W. ニコルさん作でえしたっけ^^;。
 やっぱり、何時来てもええとこですわ。幸い天気も良くて
暑いくらいでしたけどねぇ~~。
 鈴鹿・・・その選択もアリやったなぁ^^;。

 ハナゴンドウさん、慣れ過ぎっ♪。
おっ!クジラの竜田揚げでしたかっ!おいらの頃はクジラと
ごぼうを甘辛く煮たメニューでしけど・・・美味しく無かった
ですわ><。
 そう言えば、行くとクジラよりマグロを食べ尽くします。
#クチの中に海の男!!!
ほんと、自国の文化だけが大切で他国の文化なんてどうだっていいでしょうね。
私達は鯨もイルカも絶滅しないよう頭数を決め
その範囲内しか捕獲していないじゃないですかね。
むしろ鯨もイルカも増えすぎると生態系のバランス崩れると思うんですけれど。
実際、野生のイルカって凄いって聞きました。
何がってその食欲が。
群れがきたら1日漁できないくらい魚も烏賊も根こそぎ食べてしまうらしいです。

ちょっと主旨ズレてしまいますが、
「ドキュメンタリー」ってなんでしょうね。
確かに「元となった映像」は作りではないかもしれない。
けれど「編集」をした段階でそこには作り手の「意思」が入ってしまうでしょう。
それに一方的な目線でのものは「真実」でも「事実」でもないと思うんですよ。
両方の目線、お互いの主張、そしてデータ(数値)を取りあげてこそだと思うんです。
もちろんあのイルカの「ドキュメンタリー映画」の事を言っています。
  • by:a-2-chang(アッチャン)
  •  | 2009/10/06/01:00:03
  •  | URL
  •  | Edit
#管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • by:
  •  | 2009/10/06/13:23:25
  •  | 
  •  | Edit
#よくぞご存知でっ!
  a-2-chang(アッチャン)  さん
 まいどですっ!全くおっしゃる通りです、年間の調査捕鯨
の頭数も決まってるんですよね。でも、実際遥か昔から捕鯨で
生活をしてきた人にとっては死活問題なんですよね。
 先月もイルカの群れを湾内に追い込んだそうですが、あの映画
の影響で数頭水族館に寄贈して残りは逃がしたそうです。

 あのドキュメンタリー映画の影響は大きくて、地元の学生と
海外の学生との交流会も無くなったそうです。
 客観的な調査やデーター、歴史的な視点で双方の文化を理解していく論議をしてほしいですね。

 「いのちの食べかた」ってドキュメンタリー映画がDVDになってるのでよかったら観て下さいな。

 
#管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • by:
  •  | 2009/10/06/16:03:42
  •  | 
  •  | Edit
#そういえば
「勇魚」でしたか、アメリカの捕鯨船に殺された
鯨の腐乱死体が海をただよっているシーンの記述が衝撃でした。
彼の国では鯨油だけとって、あとは捨てていたんですよ。
そういう国にあれこれ言われたくないっ!
日本じゃ隅々まであますところなく、
ありがたく利用させていただいてるのに。
その辺をキチンと理解してほしいですね。
ヨーロッパやアジアの肉食文化の国々では
やっぱり何から何まできれいに利用し尽くすじゃないですか。
食べ物を得ることが大変だった先人達が育んで来た食文化を大切にしたいです。
食べ物ってもとは生き物だったんですもんね。
ありがたくいただきましょうね。
  • by:でこ
  •  | 2009/10/07/02:25:25
  •  | URL
  •  | Edit
#おっしゃる通りですっ!
  でこ さん
 まいどですっ!そうそう、その国では鯨油が目当ての
捕鯨なんですよね。ほんま、日本ではあますとこなく使って
ますねぇ~~。
 うちのお寺の標語に「魚の一生を食らう」とありましたね。
その通りで感謝して食べないとけないなぁ~~と。
 残さず頂くようにしています。

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]